人生はじめての株を売却しました(開始4日目)2017年2月17日

今日は人生はじめての売却を経験しました。銘柄は日経インバETFです。

株価が下がれば、儲かるやつですね。

詳細は後ほど。。。

2月16日発表で『シスコシステムズ』の11月~1月(第2四半期)の売上高と利益が市場予想を上回ったそうです。

純利益は24億4,000万ドルと昨年対比で2億6,000万円増加したそうです。

要因は新型ネットワークスイッチやルーター、ワイヤレスの周辺機器の販売が好調だった様です。

私自身、BtoBのマーケティング会社に在籍していたことがあるので、シスコシステムの製品はよく知ってます。

シスコは大企業を主なターゲットとしてますが、2016年9月にSMB市場向けにネットワーク機器のブランド「Cisco Start」で4万円から購入できる『Cisco Catalyst 2960Lシリーズ』を追加(ターゲットは100名以下の企業)したことが、売上に貢献したのではないでしょうか。

※SMBとは『Small and Medium Business』の略で中堅中小企業を示します。明確な基準がないですが、中小企業基本法では社員300人以下の企業を「中小企業」と規定してます。

ただ、ほとんどのITベンダーはそれより大規模な企業をも「SMB」と定義していることが多いみたいですね。

ちなみに、現職(従業員数1,000名以上)ではシスコシステム電話を利用してます。。。。

さて、本日も変わらず、外国株の投資額は10,000円となります。

外国株投資

One Tap BUY_外国株取引明細20170217

気になる損益はマイナス375円で詳細は以下の通り。

VISA:マイナス21円 ⇒ マイナス76円
マイクロソフト:マイナス78円 ⇒ マイナス105円
Facebook:マイナス23円 ⇒ マイナス58円
Apple:マイナス110円 ⇒ マイナス136円

本日も全ての株はマイナスとなっております。(悲)。。。

マイナスですが、主な要因は為替が円高に触れたことが要因です。

昨日の22:00時点から約1円の円安となっております。

円安になれば、なるほど外国株の価値が下がります。

例えば、1ドル=110円のとき、、、
1株が10ドルを10株の購入価格は日本円で11,000円です。

そして、1ドル=109円の円安のときに売却すると10,900円になります。

1円分、円安にふれると100円のマイナス(-0.91%)となります。

※わかりやすくする為、証券会社の手数料は除いてます。

VISAとfacebookの株価自体はプラスに転じておりますし、長期的な投資なので長い目で見ればきっとプラスと信じます(引き続き 祈)。

日本ETF投資

One Tap BUY_ETF取引明細201702117

日経インバETFの状況はマイナスから一点、プラス18円となっております。

一旦、利益を確定させたくて、人生初の売却をした結果、3,000円の投資で18円のプラス(+0.6%)となっております。

本日の日経平均は 19,234.62円 前日比-1121.円(-0.58%)です。

東芝の2部上場の降格なるので、月曜日(2/20)は再び、日経インバETFを購入しようか思います。

日本ETFはキャンペーンで3月一杯まで手数料が一切かかりませんので、積極的に売買していこうと思います。

収益状況

2017年2月17日 22:00 時点

銘柄 購入価格 評価額 損益
VISA 3,000円 2,979円 ▲76円
マイクロソフト 3,000円 2,922円 ▲105円
FaceBook 2,000円 1,977円 ▲58円
Apple 2,000円 1,890円 ▲136円
現金 5,000円   5,018円 +18円
合計 15,000円 14,643円 ▲357円

興味を頂けたら是非、実践してみてください。
⇒ One Tap BUY(ワンタップバイ)公式サイトはコチラ
⇒ 株日記 ランキングは コチラ⤴